妊娠・出産

2人目出産レポ・計画分娩①:ミニメトロ(バルーン)挿入〜翌日

令和元年の5月に2人目となる男の子を無事出産しました。今回も里帰りはせず、また実母のお手伝いもなかったため主人にお休みをとってもらいました。そのお休みを取る関係で今回も1人目同様、2人目も計画分娩で出産しました。

これから計画分娩をされる方、希望されている方の参考になれば幸いです。

計画分娩の希望

計画分娩の希望を出したのは、妊娠中期ごろでした。院長先生に計画分娩を希望したところ、「できますよ」とのこと。理由などは詳しくは聞かれませんでしたが、助産師外来で助産師さんには実母のお手伝いがないことと、娘の幼稚園の送迎、主人のお休みの関係で希望の日時を伝えました。

予定は13日でしたが、10連休中に産まれれば主人もお休みなので助かるなと思って、5月1日に希望をしました。

ただ、37週あたりになってから子宮口の開き具合やお腹の張りをみないとちゃんとした日程は決められないと言われました。

34〜35週あたりで赤ちゃんの体重の増えがあまり良くなく、37週でやっと2500グラムだったので、希望の5月1日だと38週で赤ちゃんの体重がギリギリとのことで結局、第二希望の5月10日に産むことにしました。

決まったのは37週の健診時でした。

前日からミニメトロ処置・入院

5月9日の15時に来てくださいとのことで、入院準備をして来院しました。血圧と尿検査・体重測定をし、ミニメトロ(バルーン)を入れる処置をしました。

1人目の時は、処置時に特に痛みなどは無かったと記憶していたので気持ち的に余裕をかましていたのですが・・・・

いざ処置が始まると、めっちゃ痛い!!!!とにかく内診グリグリどころじゃない!痛みに強い私ですが、流石に手が動きました。。。

しかも、バルーンを入れて最後ちゃんとハマっているか確認するのですが、「あっ、ちょっとズレちゃったな・・・」と。。。もう一度やり直しになったのです!!!!

この時ばかりは、先生〜〜〜〜ホント頼みますよ!!!!!て思っちゃいました。

涙目になりながら、処置を終えてNSTを行い病室へ移動しました。

 

ミニメトロ挿入の注意事項

  • 挿入後は感染予防のため、シャワーは不可。来院前に入浴しておく。
  • ミニメトロ挿入の同意書を提出
  • ミニメトロが脱出した際は、トイレに流さずに助産師を呼ぶ。
  • 感染予防のため、処方される抗生物質を必ず服用する。

挿入後〜翌日

挿入後は、病室でゴロゴロしていました。夜21時にもう一度、NSTを行い赤ちゃんの心拍に異常がないかの確認しました。

ミニメトロを挿入した刺激で陣痛がくる方もいるようですが、私は特に変化なく夜も普通に眠ることができました。ただ、挿入後からはジーンと生理痛のような軽い痛みはありました。

翌日は5時起きでNSTを行うとのことで、その日は早めに就寝しました。

10日の朝、5時半から早速NSTを行い7時半に先生の内診とミニメトロを抜去しました。

ミニメトロの抜去は特に痛みはありませんでしたが、先生の内診グリグリが痛すぎ!手すりに捕まるくらい痛かった・・・

ミニメトロのおかげで、子宮口は4センチ開いたようです。

その後7時40分からオキシトシンの点滴を開始しました。

長くなるので、②へ続きます ↓↓

https://tomochiso-blog.com/ninshin-repo2-2/

 

 

1人目の出産レポはこちら↓

https://tomochiso-blog.com/ninshin-repo1/