オシャレ・美容

ヘアカラートリートメント白髪染めLPLP(ルプルプ)実際に使ってみた感想・ちゃんと染まるの?

ヘアカラートリートメント白髪染めLPLP(ルプルプ)をご存知ですか?

30代前半から少しずつ増えてきた白髪。30代後半になると目立つようになり、白髪を隠すのにカラーリングが必須になりました。しかし、すぐ伸びてくる白髪。。。

小さな子供がいると頻繁に美容室も行けず、市販の白髪染めで根元を染める日々。

でも市販の白髪染めって、髪の毛がパサパサになったり望んだ色にならなかったりするんですよね。

そこで、たまたまネットの広告で見たLPLP(ルプルプ)を試してみることにしました。

LPLP(ルプルプ)とは?料金は?

お家で手軽にできる白髪が染まるヘアカラートリートメントです。

植物由来の天然塗料を使用し、無添加処方とのこと。美容成分が94%と保湿効果がありトリートメントのような潤い、また微アルカリ性で染まりやすく傷みにくいそうです。

天然塗料を使用しているため、手についても洗えば落ちるらしくコレは気になるポイントです。

カラーは以下の4種類から選ぶことが可能。

  • ダークブラウン
  • ブラウン
  • モカブラウン
  • ソフトブラック

ルプルプの料金

初回お申し込みキャンペーン利用で1本 1980円。2本定期便を申し込みをすると、1本 1620円と更にお得になります。送料無料、全額返金保証付き。

こちらのページから↓

≪ルプルプ通販サイト≫ガゴメ昆布の白髪染め

お試しが以降は、定期便にするとお得です。WEBで個数やキャンセルも簡単にできるのでオススメ。解約も手数料なしでできるようです。

ルプルプを実際に使ってみたよ

先ずはお試しから購入し、実際に使ってみました。特に気になる以下の4つの項目の感想です。

  1. 染まり具合:1回目は30分置きました。これだけでもキラキラ白髪はだいぶ目立たなくなりましたが、連続で2〜3回使用すると白髪はちゃんと染まりました。白髪じゃないつなぎの部分も違和感なく全体がほんのり茶色になり、いい感じに染まりました。
  2. 髪の潤い:トリートメントというぐらいなので、もちろんサラサラになります。市販のカラー剤よりかは断然こちらの方が髪の毛に優しいです。
  3. 塗料の落ち具合:本当に落ちるのかな?と疑っていましたが、ちゃんと落ちるんです。使用時は手全体に色がつきますが、手洗い後に身体を洗ったりしているといつの間にか色が落ちていました。浴槽や床についた色もちゃんと落ちました。
  4. もちの良さ:維持するにはコンスタントに使用する必要があると感じました。しばらくサボるとやはり色も落ち白髪が目立ちます。

カラートリートメントなので、染めた翌日もシャンプーの泡が茶色になります。洋服や枕に塗料がつくことはありませんでしたが、気になる方は染めた後に2〜3回シャンプーをした方がいいと思います。

ルプルプのオススメの使い方

白髪が目立たないようにキープするには、コンスタントに使っていくことが第一です。私の髪の長さは肩につくくらいですが、1回の使用量は根元を中心に500円玉くらいの量を使い、髪全体に再度500円玉くらいの量でなじませています。この量を頻繁に使用するとあっという間になくなるんですよね。。。

毎日やっているとすぐなくなるので、そこでやり方を変えました!

白髪が2センチくらい伸びてきた・・・と思ったら、市販のカラー剤(シ○ロ等)でしっかり染める。そこから、ちょこちょこLPLPで染めていく。また半年に1回くらいは美容室でしっかり染めると自分では染めにくいところもしっかり染まるので綺麗さをキープできると思います。



ルプルプの良かった点・悪かった点

LPLPを使用してみて良かった点・悪かった点。

良かった点

  • 髪が傷まない
  • 臭いも気にならない
  • 手軽に染められる
  • 塗料も落ちる

悪かった点

  • コンスタントに使用する必要がある
  • 使用頻度が多いとすぐ無くなる
  • コストがややかかる

以上のことから美しさをキープできる一番の方法を考えてみました。

  • 1〜2ヶ月に1回は市販のカラー剤で染める
  • 根元の白髪が気になってきたらLPLPで染める
  • 半年に1回は美容室へ行き綺麗に白髪を染めてもらう

これが私の中で白髪を目立たなくするベストな方法でした。

以上、ともちそのLPLP体験談でした。

洗い流さないトリートメント剤の記事はこちら↓

【オススメの髪が潤う流さないトリートメント】shimaヘアシーク・ジェミールフラン髪のお手入れはしていますか?髪の綺麗な人はそれだけで印象が違います。 全体の印象もヘアスタイルで変わってきますよね?ちょっとしたケ...