子育て

買ってよかった子育てグッズ【1〜2歳児】メリット、デメリット

前回の0〜1歳児に続き、今回はあると便利シリーズ。メリット・デメリットもお伝えしていきます。

買ってよかったもの【1〜2歳児】

きっとあれば便利。でも迷ってる

欲しいけど買おうか迷っているもの、きっとあれば便利だけど・・・どうしよう。子育てグッズの寿命は短い!

我が家もそんな思いでしたが、買ってよかったもの。ご紹介します。

B型ベビーカー クールキッズバギー

ベビーカーはA型とB型がありますが、それぞれの特徴として

A型ベビーカー

  • 首の座っていない2ヶ月ごろから3歳くらいまで使えるベビーカー
  • リクライニング可能でフラットシートになり、対面式もある
  • 大きめで丈夫な作りだが、重くて値段も高い

B型ベビーカー

  • 首の座った7ヶ月ごろから使えるベビーカー
  • リクライニングはできないものが多く、荷物入れも無いものが多い
  • 軽量で値段も安い

子供が生まれると必須アイテムのベビーカーですが、我が家は迷わずA型ベビーカーを購入しました。

しかし歩きだす1歳半あたりから、ベビーカーを使用する回数が減りました。

子供の性格にもよりますが、うちの子は自分で歩きたがる子で、こうなるとベビーカーってとっても邪魔になるんですよね。

重いA型のベビーカーはただただお荷物になるだけでした。

また移動手段も関係してきますね。普段の移動手段がバスや電車ならば、B型ベビーカーがオススメ。

最初は2台も必要なのかと悩みましたが、色々調べてクールキッズバギーを購入。

実際購入して使用してみましたが、いくつか難点が・・・

まず自立ができません。

バス・電車に乗る際は折りたたんで自立できた方がベストですが、軽量化のために省かれています。

また荷物入れが付いていません。

ハンドル部分にかけることもできますが、ベビーカーから子供が降りた瞬間ひっくり返るのでご注意!

「自立しない・荷物入れがない」この2つが難点ですが、軽さを求めるならば必要ありません。なんて言ったって、2,9キロですから!

コンパクトに畳めて軽い!そして、小回りがきくんですよ〜

車で言えば、まさに軽自動車。

都内は地下鉄はエレベーターを探すのに大変です。あっちこっち探して、ウロウロしますから・・・こんな時もB型ベビーカーなら小回りがきいて動きやすし、もしエレベーターがなくても子供を乗せたまま両手でベビーカーを持って階段を上がれます。

我が家はバスと電車の乗り換えのために買ったようなものです。

お値段も6000円前後とリーズナブル!

旅行などにも活躍できますよ〜

 

メリット・デメリット

メリット

  • 軽い(2、9キロ)
  • 安い
  • 小回りがきく
  • コンパクトに畳める

デメリット

  • 座席下の荷物入れはない(荷物入れが付いているB型ベビーカーもあります)
  • 自立ができない
  • ハンドルに荷物をかけた状態で子供をおろすと、ちょっとの重さでひっくり返ってしまう
  • 日差し避けは意味がない(取り外し可能)

私はとにかく軽いベビーカーがよかったので、このクールキッズで大満足で1〜2歳で重宝したグッズのひとつです。

スポンサーリンク

おくだけとおせんぼ

こちらは伝い歩きを始める1歳前後からの便利アイテム。

その名もおくだけとおせんぼ L ブラウン(1個)

名前の通り、子供に入られたくない場所に置くだけで設置も簡単です。

扉付きののネジで固定するつっぱりタイプの仕切りもありますが、この置くだけ通せんぼの方が丈夫です。

子供が成長すると仕切りに捕まって押したり揺らしたりする為、ネジ固定の仕切りは緩んだりしますが、これはガンガン揺さぶっても倒れたりしません。

サイズはS、M、L、スマートワイドがあり、それぞれ間口の調節が可能です。お値段は1万〜2万前後です。

我が家は長方形のLDKで壁に沿ってキッチンがある為、どうやって仕切れば良いのか悩みましたが、このおくだけとおせんぼのスマートワイドを購入しキッチンを囲うことで解決しました。

メリット・デメリット

メリット

  • 置くだけで設置が簡単
  • つっぱり固定ではないので、壁に傷や凹みができない
  • つくりが頑丈

デメリット

  • 大人はまたがって通らなければならない
  • 足を引っ掛けたりする事もある
  • 扉つきネジ固定タイプのものより値段が高い

お値段は高めですが、設置も簡単で作りも丈夫。ネジ固定できない場所には最適、オススメです。

子乗せ電動自転車

こちらは、値段が高いですが我が家は必須アイテムです。

子供を乗せる為に自転車の購入を考えてる方にはオススメしたい。

「電動自転車一択」です。

保育園・幼稚園の送迎や通勤が歩きや自転車ならば、買う価値ありありです。とーーーっても楽ですよ。坂道や風が強い日でもスイスイ、楽チン。

 

メリット・デメリット

メリット

  • とにかく楽
  • 坂道や風が強い日でも座って漕げる
  • 運転時は重さを感じない

デメリット

  • 値段が高い
  • 車体が重く、充電が必要
  • 有料駐輪場(前輪ロック)での駐輪がしにくい

私は、ほぼ毎日フル活用しています。値段が高いので迷うところですが、小学生に上がるまでと長い目で見ればコストパフォーマンスも悪くはないですよ。

こちらも参考にどうぞ↓↓

2019年オススメ電動自転車【ヤマハ・ブリヂストン・パナソニック徹底比較】買って良かった子乗せ自転車子供が1歳前後になると育休も終わり、保育園へ預けるご家庭も多いと思います。 毎日の保育園の登園・職場の通勤はとっても大変。 ...

気になったら早く買うが勝ち

B型ベビーカー「クールキッズバギー」はお値段以上アイテム

「おくだけとおせんぼ」は簡単設置、便利アイテム

「子乗せ電動自転車」は迷っているなら電動一択、神アイテム

 

以上、ともちそオススメの買ってよかったもの1〜2歳時編でした。

0〜1歳児のオススメはこちら↓↓

買ってよかったもの【子育て0〜1歳児】簡単・便利・神アイテム育児用品の寿命は短いけど、あると便利!買ってよかったものをまとめました。...