子育て

ベビースイミングいつから?【メリット・デメリット】1年通ったけど娘には合わなかったスイミングスクール

子供が生まれて0〜1才から始められる習い事の代表といえばベビースイミングやリトミック。我が子もベビースイミングとリトミックに通いました。

娘が歩き始めた1才2ヶ月〜2才4ヶ月までの約1年間、週1ペースでベビースイミングへ通いました。結果から言うと娘には合わなかったようで、今思うと失敗したなと反省。

検討中の方、同じように悩んでいる方の参考になれば幸いです。

ベビースイミングいつから始めるのが良い?

各施設によって異なるようですが、だいたい生後半年くらいから通えるようです。

1人でお座りできるようになると、ママの着替えも楽ですよ。さらに、一人歩きができるようになれば、赤ちゃんの着替えも楽になります。

また、始める季節は寒い冬だと通うのに億劫になりがちなので、春〜夏がオススメです。

我が家は、歩き出した1歳2ヶ月あたりの夏前に入会しました。

月謝と回数

地域によって異なりますが、だいたい週1で5000円〜6000円くらい。通い放題で6000円〜8000円くらいです。

週1コースの場合は、必ず振替ができるかを確認しましょう。赤ちゃんは体調を崩しやすいのでお休みする事が多いです。振替できないと勿体無いですよ。

必要なもの

  • 赤ちゃんとパパママの水着
  • タオル
  • 腕用浮き輪
  • 水遊び用オムツ

使い捨てオムツより経済的な水遊びパンツはこちら

必ず体験を受けよう

スイミング教室のプログラム内容とコーチ

施設によってかなり差があると思います。

いくつか候補があるならば、必ず体験を受けることをオススメします。

プログラムもゆる〜い感じの教室もあれば、水に潜らせるところもあり様々。もちろん、嫌がれば無理強いはしないと思います。

また、コーチとの相性も大切。むしろ、一番大切かもしれません。(我が家は結局コレで辞めました)

赤ちゃんは嫌だと思うと露骨に泣きますから・・・

合わないコーチだと大変なことになります。

 

ぶっちゃけ脱毛ってどこがおすすめ??脱毛に80万かけた私がコッソリ教えます

ぶっちゃけ脱毛ってどこがおすすめ??脱毛に80万かけた私がコッソリ教えます脱毛に80万かけた私が、おすすめな脱毛サロンをぶっちゃけお教えします。...

ベビースイミングのメリット・デメリット

メリット

  • 水への恐怖心がなくなる
  • 体が強くなる
  • スキンシップがとれる
  • ママもリフレッシュできる

デメリット

  • 体調を崩すとお休みしなければならない
  • 着替えが面倒
  • 慣れるまでが大変
  • 冬は寒い

スイミングへ通う前に、お家のお風呂でも練習することをオススメします。顔が濡れても平気であれば、レッスン中もスムーズになりますよ。

スポンサーリンク

ベビースイミングを1年間通った感想

我が子は週1でスイミングへ通い始めてから、4ヶ月くらいはずっと泣いてました。

泣いていた理由として、室内プールの音の響きと男性のコーチ(娘は男の人が苦手でした)が原因だったと思います。

毎回泣かれるのが私も辛く、なんども辞めようと思ったのですが継続は力なり論で頑張って通いました。

途中でコーチも変わり、プールにもようやく慣れて5ヶ月ごろにようやく笑顔が見られるようになりましたが、娘は顔をつけたり飛び込んだりは積極的にはしませんでした。

2才になった辺りでコーチが変わって、ちょっとスパルタな感じの人になりました。このコーチと合わずに、また泣くように。。。

2才のイヤイヤ期と重なったのもあり、寝そべってギャン泣き。室内プールに鳴き声が響く〜〜〜涙

何回かコレが続き、そして季節は夏の終わり。私も連れて行くのも限界でここで辞めてしまいました。

結果的にはお風呂でシャワーを顔にかけても全然平気ですし体も強くなりました。

しかし、先日市民プールを遠目から見た時に娘から衝撃的な一言が・・・・

 

「プール入りたくない」

と、、、、

ベビースイミングを1年間通わせた結果がコレでした。私が半ば強引に続けたのが良くなかったのです。

ずっと泣いていた4ヶ月で即辞めればよかったのです!!!

小さい子に「継続は力なり」なんて必要ありません。

一緒に泳ぎたい、泳げるようになって欲しいと思っていた私の完全なるエゴです。娘に申し訳ないことをしたなと反省しました。

ベビースイミングに通わせたいと思っているパパママへ

まずは体験へ行きましょう!

子供の様子を伺いつつ、合わないと思ったら無理に継続はしないほうがベター。

無理強いしてプールが嫌いになってしまったら本末転倒。

ダメだったら、もう少し大きくなってからまたチャレンジすれば良いのです!

うちの娘はスイミングは合っていませんでしたが、周りの子は楽しそうに飛び込んだり潜ったりする子もいたので、合う合わないはその子ソレゾレ。

我が子が楽しむことが一番です。

以上ともちその失敗談でした。